古書組合とは


活字離れが危惧され、電子書籍が広まるなかで、
テレビドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」の
影響もあってか、古書の世界に興味をもつ人が
また多くなってい るようです。


リサイクルという言葉がない江戸や明治のころから、
書籍はリサイクルによって活用されてきたことを
ご存知でしょうか。



必要な書物を入手する手 段として、
不要になった書物を古書店に売ります。



古書店は、客の趣向をみきわめて書物を揃える努力をします。



専門的な書物を揃えることで、その専門性を
必 要とする客を確実につかむことができるからです。



たとえば、地図専門であれば、地図をもとめる客は
必ず来店してくれるはずです。



骨董品店と同様、古書店は 古物商営業にあたり、
各自治体の認可を受けなければならないビジネスです。



古書店をとりまとめる古書組合の役割はとても重要で、
古書組合に入ってこそ、古 書店は書籍揃えの充実を
はかることができます。



古書店どうしで情報を共有することで、
より専門性が高められるのです。



売値と買値の相場も、
古書組合の取り 決めで定められます。



古書組合のネットワークがあってこそ、
時代を超えて、書籍のリサイクルの流れは
保たれているのです。



古本の高価買取はこちら
どうせ古本を売るなら高く買い取ってくれるお店に売りたい!
という方におすすめの古本買取専門店です。

このページ の先頭へ

CTUロサンゼルス支局